小型船舶登録 代理事務所
小型船舶登録 代理事務所のサービスの流れ移転登録変更登録新規登録抹消登録小型船舶登録代理事務所 お問い合わせ小型船舶登録代理事務所 高松海事事務所小型船舶免許(ボート免許)更新・再交付

ボート免許の更新対応地域,神奈川県:川崎市/横浜市/鎌倉市/愛川町/厚木市/綾瀬市/伊勢原市/海老名市/大磯町/中郡/大井町/小田原市/開成町/足柄上郡/清川村/愛甲郡/相模原市/寒川町/高座郡/座間市/逗子市/茅ヶ崎市/中井町/二宮町/箱根町/秦野市/葉山町/三浦郡/平塚市/藤沢市/松田町/真鶴町/三浦市/南足柄市/山北町/大和市/湯河原町/横須賀市
小型船舶登録対応地域,東京都:昭島市/あきる野市/足立区/荒川区/板橋区/稲城市/江戸川区/青梅市/大島町/大田区/小笠原村/奥多摩町/葛飾区/北区/清瀬市/国立市/江東区/小金井市/国分寺市/小平市/狛江市/品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/世田谷区/台東区/立川市/多摩市/中央区/調布市/千代田区/豊島区/利島村/中野区/新島村/西東京市/練馬区/八王子市/八丈町/羽村市/東久留米市/東村山市/東大和市/日野市/日の出町/西多摩郡/檜原村/府中市/福生市/文京区/町田市/瑞穂町/三鷹市/港区/武蔵野市/武蔵村山市/目黒区/ 小型船舶登録対応地域,埼玉県:上尾市/朝霞市/伊奈町/入間市/大利根町/小鹿野町/小川町/桶川市/越生町/春日部市/加須市/神川町/上里町/川口市/川越市/川島町/騎西町/北川辺町/北本市/行田市/久喜市/熊谷市/栗橋町/鴻巣市/越谷市/さいたま市/坂戸市/幸手市/狭山市/志木市/菖蒲町/白岡町/杉戸町/草加市/秩父市/鶴ヶ島市/ときがわ町/所沢市/戸田市/長瀞町/滑川町/新座市/蓮田市/鳩ヶ谷市/鳩山町/羽生市/飯能市/東秩父村/東松山市/日高市/深谷市/富士見市/ふじみ野市/本庄市/松伏町/三郷市/美里町/皆野町/宮代町/三芳町/毛呂山町/八潮市/横瀬町/吉川市/吉見町/寄居町/嵐山町/和光市/鷲宮町/蕨市/ 小型船舶登録対応地域,千葉県:旭市/我孫子市/いすみ市/市川市/一宮町/市原市/印西市/印旛村/浦安市/大網白里町/大多喜町/御宿町/柏市/勝浦市/香取市/鎌ヶ谷市/鴨川市/木更津市/君津市/鋸南町/九十九里町/神崎町/栄町/佐倉市/山武市/酒々井町/芝山町/白子町/白井市/匝瑳市/袖ヶ浦市/多古町/館山市/千葉市/銚子市/長生村/長南町/東金市/東庄町/富里市/長柄町/流山市/習志野市/成田市/野田市/富津市/船橋市/松戸市/南房総市/睦沢町/本埜村/茂原市/八街市/八千代市/横芝光町/四街道市 小型船舶登録対応地域,群馬県・山梨県・新潟県・静岡県全域 小型船舶登録対応地域,茨城県:阿見町/石岡市/潮来市/稲敷市/茨城町/牛久市/大洗町/小美玉市/笠間市/鹿嶋市/かすみがうら市/神栖市/河内町/北茨城市/古河市/五霞町/境町/桜川市/下妻市/城里町/常総市/高萩市/大子町/筑西市/つくば市/つくばみらい市/土浦市/東海村/利根町/取手市/那珂市/行方市/坂東市/常陸太田市/常陸大宮市/日立市/ひたちなか市/鉾田市/水戸市/美浦村/守谷市/八千代町/結城市/龍ヶ崎市 小型船舶登録対応地域,北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 小型船舶の名義変更,船舶検査,住所変更はお任せください。 ボート免許の更新は高松海事法務事務所 小型船舶操縦免許,ボート・マリンジェットなどの取得,更新,失効,紛失,船舶の名義変更,船舶検査,屋形船・遊覧船・釣り船などの営業許可,海の法律のことなら,専門家の海事代理士にお任せを!就業規則の届出 船員手帳の交付 雇入契約の公認 海難報告 海上運送 航路事業許可・運賃・料金,運航管理規程の届出 港湾運送事業 海洋汚染及び海上災害の防止 造船 建造許可 遊漁船業 遊漁船業務主任者 入出港届出 工事 作業 内航海運業 漁船に関する建造  漁業許可 建設機械に関する打刻 検認 小型船舶に関する検査 小型漁船に関する検査 倉庫 海難行方不明に係る認定手続 貨物利用運送事業 海事に関する業務全般 海事代理士法及び海事代理士法施行規則に係る申請 告訴状 告発状 内容証明 クルージング クルーズ セーリング サンセットディナー チャーター, ボート免許の更新対応地域, 行政書士,
小型船舶登録代理事務所よくある質問作業船に抵当権を設定したいんだけど



作業船に抵当権を設定したいんだけど

大丈夫です。当事務所所属の海事代理士が対応致します。
※作業船の打刻・登記の場合,申請先が多数に渡りますので関東以外の場合は地元の先生をご紹介させて頂く形になります。

船舶も動産ですので,抵当権等を打てないのが原則ですが特別法により登記手続きができます。
しかし,建設機械系船舶は通常の「船舶」とは異なる手続きになります。

台船・土運船など,通常の船舶登録の対象とならない「建設機械」ですが,船舶法・船舶安全法による手続きではなく「建設機械抵当法」に基づき,所有権保存登記を申請できます。

また,抵当権などにより担保の設定をすることもできます。

ただし,打刻又は検認を受けていない建設機械については登記はできませんし,債権者によって既に質権・差押えなどがされている建設機械については,所有権保存登記をしたとしても,当該債権者に対しては効力を主張できません。

※尚,建設機械登記は基本的に,抵当権などを設定しないと閉鎖登記簿に入ってしまいます。

建設機械抵当法第八条
 建設機械の所有権保存の登記後三十日以内に抵当権設定の登記がされないとき,又は抵当権の登記が全部まつ消された後三十日以内に新たな抵当権設定の登記がされないときは,登記官は,当該建設機械の登記用紙を閉鎖しなければならない。但し,所有権の登記以外の登記があるときは,この限りでない。



■ 登記の対象となる建設機械船舶

 しゅんせつ船  ポンプしゆんせつ船・ディッパーしゅんせつ船・グラブしゆんせつ船
 → 独航機能を有しないもの
 砕岩船  独航機能を有しないもの 
 起重機船
 くい打ち船
 コンクリート
ミキサー船
サンドドレーン船 
土運船   鋼製で,独航機能を有しないもの 
 作業台船

登記するメリットとしては,作業船を担保に入れることによって銀行からの融資を期待できることなどが考えられます。

手続きの流れとしては,まずは打刻申請手続きをし,船舶に打刻をし,その後,所有権保存登記を申請するという形になります。

打刻とは,船体に固有の記号を打ち込む(ハンマーなどを使ってガンガンと打ち込んだりします)ことです。
打刻及び検認の実施後,証明書が発行されます。証明書は打刻・検認を行った日の翌日から起算して14日間のみ有効とされていますので,速やかに登記を行う必要があります。

打刻申請に必要な条件として,申請者が建設業法による建設業の許可を受けていることなどが挙げられます。
詳しくはお問い合わせください。


打刻された建設機械のその後の手続き
 打刻された建設機械の所有者は,以下の事項に該当した場合は手続きが必要です。

変更がある場合
・所有者の氏名及び住所(法人の場合は社名や会社所在地)
・建設機械の型式及び国土交通省令で定める仕様
・建設機械が原動機(起動用原動機,エア・モーターその他国土交通省令で定めるものを除く)を有するときは,その原動機につき種類,定格出力,製造者名,製造年月及び製造番号
・当該建設機械が,道路運送車両法による自動車登録番号を有するときは,その自動車登録番号
・建設機械の所在地
・所有者の建設業法による許可年月日及び許可番号並びに主たる営業所の所在地
・当該
・打刻された建設機械を新たに取得した者

建設機械が滅失し,又は解体されたとき

打刻された建設機械を新たに取得した場合






← 前のページに戻る


サービスの流れ移転登録変更登録新規登録抹消登録
船舶検査よくある質問ボート免許更新遊漁船主任者講習お問い合わせ事務所情報
Copyright (C) 2005  海事代理士・行政書士 高松海事法務事務所 All Rights Reserved
   神奈川県川崎市高津区久末1883-8  TEL 044-789-8441  FAX 044-789-8442  個人情報保護方針
お申し込みの大まかな流れを
ご案内いたします
小型船舶登録の代理サービス
お申し込みの流れ
小型船舶の名義変更など
移転登録はコチラ
住所・船籍港など
各種変更がある場合
メールフォームでの
お問い合わせはコチラです
新造船・未登録だったなど
これから新しく登録する場合
事務所概要のページ
高松海事事務所
沈没や解撤・海外売船など
船舶を処分する場合